海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 735
  • 登録相談数 128
  • 登録イベント数 869
  • ブログ投稿数 1,552
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > 商品力と提案力を武器に海外へ再挑戦を果たす(株式会社和幸堂)

アリババ株式会社の海外展開ブログ


商品力と提案力を武器に海外へ再挑戦を果たす(株式会社和幸堂)

ノウハウ

2019年6月20日 19:03   6

一瞬記事から目を外し、周囲を見回してみてほしい。室内にいる場合、壁紙、床のクッションフロアやカーペット、窓のカーテンやブラインドが目に入るのではないだろうか。あくまで一例だが、たった今目にした「内装材」は、建物の利用目的や空間に与えたいイメージなどさまざまな意図から選びだされ、建物に息を吹き込んでくれるアイテムだ。室内で時を過ごす人の気持ちを左右することすらあり、暮らしには欠くことができない。

今回ご紹介する株式会社和幸堂は、内装材の代理販売とリフォーム工事を行う会社。1980年名古屋市での創業以来、商品力・提案力・対応力の三本柱を武器に海外売上も順調に伸ばしている。
しかし、同社は中国市場に乗り出した10年ほど前、現地で思わぬ壁にぶつかり、状況を打開すべく入会したアリババも期待通りにいかず、一度退会している。海外進出を諦めかけた理由はなんだったのか。さらに、再スタートしたアリババで海外展開を成功させた要因はどこにあったのか。幾度もチャレンジを続け、海外展開を軌道に乗せた代表取締役社長の今井彰子(しょうこ)氏にお話を伺った。

■あと一歩で受注に失敗。中国での苦い経験を糧にする

和幸堂が初めて海外市場に目を向けたきっかけは、中国の建設ラッシュだった。日本国内とは比較にならない規模で、日本の内装材が必要とされていると耳にしたのだ。同社はすぐに中国を訪問し、内装材を提案。しかし、受注寸前で立ちふさがったのは国内の常識が通用しない現実だった。

「突然、私たちが提案した内装材のコピー品に置き換えられてしまったんです。壁紙の柄さえ合っていればいい。正規品が持つ上質感や高い機能性がともなわなくても、貼ってしまえばわからない。という発想のようでした。これには、真摯に提案を続けた当社の担当者も心が折れてしまい、一度中国での卸売りをあきらめました」

苦い経験だったが、現地に出向いたことで中国市場の広がりを肌で感じた同社。ビジネス市場の精神的な成熟を待つだけではなく、成功しやすいフィールドを定めて再挑戦しようと決めた。

「倫理面はさておき、コピー品が流通するのは『マネする手間をかけてでも利益がでる』施工現場の巨大さに原因がありそうだと感じました。次はBtoBでも、コピーするには割に合わないくらいの小中規模案件を狙おう。その上で、他社が簡単に真似のできない機能性の高い製品の提供や、提案力で勝負しようと思いました」

中国市場に狙いを定めていた同社は、2009年頃からアリババのサイトをチェックしていたそうだ。2010年、アリババの利用をスタートした。

→この記事の続きを読む
https://aj-press.alibaba.co.jp/topic/id=1045

■□■その他の記事を読みたい方■□■
https://aj-press.alibaba.co.jp/

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 6
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
日本の製造業が目指す『コネクテッド・インダストリーズ』とは?
ものづくりに携わる皆さんは「コネクテッド・インダストリーズ(Connected Industries)」という言葉を聞...
ロゴ
「諦められていた」部分に斬り込む価値!(TAPP)
いきなりの質問で恐縮ですが、皆さん、丸のままの魚をうまくさばくことはできますか。 「そんなの、...
ロゴ
手ぬぐいを世界へ!創業120年の老舗問屋が挑む海外展開 神野織物株式会社
大阪府吹田市に本社を構える神野織物株式会社は、創業120年を数える、老舗の手ぬぐい問屋だ。顧客からの...
ロゴ
Alibaba.comで成果を出している企業の特徴とは?
インターネットを活用して、日本にいながら取引先を探せるAlibaba.com。 サービス名は知っていても、具...
ロゴ
中小企業こそSDGsに取り組むべき理由~「三方よし」の実現に向けて
「SDGs」という言葉を耳にしたことはありますか?SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発...
ロゴ
製造業がサプライチェーンマネジメントに取り組むことで期待できる効果とは
製造業や小売業の企業にとって調達する材料や製造する製品数を最適化することは重要な課題の一つです。 ...