海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 746
  • 登録相談数 131
  • 登録イベント数 894
  • ブログ投稿数 1,573
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > <日本企業様へ> アジア進出で見落とされがちな現地オフィスに関する事

Go Asia Offices Japanの海外展開ブログ


<日本企業様へ> アジア進出で見落とされがちな現地オフィスに関する事

海外現地事情
ノウハウ
事業紹介
市場調査・現地調査
コンサルティング
計画策定
レンタルオフィス
リスク管理・リスク対応
中国
香港
台湾
韓国
インド
バングラディシュ
シンガポール
マレーシア
インドネシア
タイ
カンボジア
ベトナム
ミャンマー
フィリピン
スリランカ
ブルネイ
その他(アジア)
オーストラリア
ニュージーランド
その他(オセアニア)

2019年11月11日 10:04   2

<日本企業様へ>
アジア進出で見落とされがちな現地オフィスに関する事

1)アジア進出の検討や決定は、ぜひ現地でサービスオフィスを利用して、市場調査、パートナー探しのための連絡事務所や駐在員事務所を設立することから始めてください。
契約は日本法人でも可能です。

2)法人設立はその後でいいのです。日本企業はこの順番が逆になることが多いので、時間もコストもかかり出遅れるのです。

3)現地のオフィス住所、連絡先を確保して現地の名刺をつくり市場調査、パートナー探しを始めることで信頼性、信用力は高まります。

4)その後の法人設立にはオフィス住所が必要になりますので、オフィス確保が先になります。サービスオフィスであれば最初の契約は日本法人でも行えますので、手続きも簡単で直ぐにオフィスが確保できます。

また、
5)法人設立後に人が増えても同じフロアーで拡張できるので、数十名~規模でも移転の必要がありません。

更に、、、
<現地オフィス拡張&移転を検討企業様へ>
6)最近は賃貸オフィスからサービスオフィスへ移転する企業も増えています
A)数十名~数百名規模でも利用可能、拡張も簡単、長期契約の必要が無い
B)直ぐに利用出来、初期コストもかからず、契約期間も自由に設定、専用区画の利用やオフィス設計も可能
C)確保が難しい都心一流ビルに入居できる
D)ビル1棟、専用フロアー単位利用も可能

現在のオフィススペース、オフィス契約についてご不満や課題のある企業様はぜひサービスオフィスをご検討下さい。
各企業様の規模、ビジネスプラン等に応じた最適なサービスオフィスを提案させていただきます。
アジア主要都市での拠点オフィス設立や、サービスオフィスの活用方法に関してはお気軽にご相談ください。
#アジア進出 #サービスオフィス

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 2
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

ロゴ
タイ:バンコクのフレキシブルオフィス事情
<バンコク> この1年程でこの都市にも、グローバル、リージョナル、ローカルのオフィス運営会社が...
ロゴ
マレーシア:クアラルンプールのオフィス事情
<クアラルンプール> クアラルンプールの交通の要として注目のKLセントラル駅周辺、今市内で一番の...
ロゴ
シンガポール、ホーチミン、バンコクのオフィス事情
<シンガポール、ホーチミン、バンコクのオフィス事情> 東南アジア主要都市の多くは都心部のオフィ...
画像
アジア主要都市で注文オフィスは如何ですか?
今月は、シンガポール~ジャカルタ~クアラルンプール~バンコクと各都市のオフィス状況(サービスオ...
画像
アジア進出で見落とされがちなオフィスの事、、
1)アジア進出の検討や決定は、ぜひ現地でサービスオフィス(都市によってはバーチャルオフィス)を利...
画像
ハノイ:サービス&コワーキングオフィス
ベトナム、ハノイ中心部, に最新のサービス&コワーキングオフィスがオープンしました。 ハノイの...