SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 344
  • 登録相談数 47
  • 登録イベント数 117
  • ブログ投稿数 78
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

Go Asia Offices Japanの海外展開ブログ


<海外撤退企業から学ぶ>

2017年1月7日 10:44 PM   191

<海外撤退企業から学ぶ>
海外撤退した日本企業が、<こうした取り組みをしておけばよかった>という中で一番多かったのが、<フィージビリティ・スタディの実施>という項目です。
現地での市場調査を始め、計画した事業が実現可能かなど、現地に拠点を設けて多角的に念入りに調査することが、進出前には重要で進出成功の大きな要因となっているようです。
アジア&日本進出で欧米企業の多くは、進出前に現地で<サービスオフィス>を利用して拠点オフィスを構え、6か月~1年かけて現地調査をすることが通例です。
*<サービスオフィス>は現地法人がなくとも契約利用が可能です。
こういった海外進出前の取り組みがその後のリスク低減、成功に結び付くとも言えます。
日本企業も先ずは現地法人をつくるという前に、こういった事前の取り組みに注力すべきではないでしょうか?
また、海外のオフィス賃貸契約は2~3年の定期借家契約(中途解約不可)ですので、撤退時でも残り期間の家賃支払い義務が生じます。サービスオフィスならばビジネスプランに合わせて契約期間(3~12か月)を選べるのでリスクが少なくなります。
詳しくはお気軽にコメントメッセージでお問い合わせ下さい。

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 191
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。