海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 714
  • 登録相談数 116
  • 登録イベント数 705
  • ブログ投稿数 1,218
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > <アジア:オフィスに関するクイズ>

Go Asia Offices Japanの海外展開ブログ


<アジア:オフィスに関するクイズ>

ノウハウ
レンタルオフィス
シンガポール
ベトナム

2017年2月9日 13:15   183

OかXでお答え下さいね、、、、

1)アジアの都市で<サービスオフィス>を契約するには、現地法人でなければ契約出来ない?
2)シンガポールで賃貸オフィスを借りる時、契約期間中でも6ヶ月前の事前通知で途中解約出来る?
3)ベトナムのホーチミンで<バーチャルオフィス>を利用して会社設立登記が出来る?
さて、お分かりになりましたでしょうか?

答えは >>> 全て<X> です!

解説:
1)通常の不動産賃貸オフィスと違い、海外の<サービスオフィス>は簡単な”利用契約”で済みます。ですので、現地法人でなくとも、日本法人、あるいは個人でも契約は可能です。

2)シンガポールだけでなく、殆どのアジアの国では2~3年の定期借家契約(中途解約不可)です。日本は普通借家契約(2年)が殆どで事前通告(6ヶ月前)で期間中でも解約出来るのですが、この契約はアジア、世界でも珍しい契約です。

3)ベトナムでは、<バーチャルオフィス>を利用した会社設立法人登記は禁止されています。日本はこの点の規制がアジアでもかなり緩いです。
アジアでは、中国、韓国、タイ(一部可能)、カンボジア、インドネシアでも同様の規制があります。

如何でした? オフィス契約だけでも日本とは大きく違うことが多々あります。
3月10日のSWBS海外ビジネス相談会には、相談ブースも出しておりますので、アジアのオフィス探しに関するご質問等、お気軽にご相談いただければと思います。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 183
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
ベトナム(ハノイ&ホーチミン)のオフィス事情
ベトナム(ハノイ&ホーチミン)のオフィス事情は<空室率の低下、強いオフィス需要、限られた供給>の...
画像
シンガポールのサービスオフィス&コワーキングオフィス事情
シンガポールのサービスオフィス&コワーキングオフィス状況 #シンガポール #サービスオフィス ...
画像
タイ:バンコクのサービスオフィス&コワーキングオフィス事情
ASEANの都市でも、今年になり急速にコワーキングオフィスが急増しています。 タイ、バンコクで...
画像
オフィスは、”利用”する時代です!
アジアの多くの国で賃貸オフィスを契約すると、通常2~3年以上の契約が普通です、勿論日本と違い...
画像
アジアのサービスオフィス&コワーキングオフィス利用企業の現状
最近、特にここ1年のアジア主要都市でのコワーキング、サービスオフィスの利用企業の規模が大きく変わ...
画像
<クアラルンプールの新しいワークプレイス>
クアラルンプールの新しいワークプレイス 此方は昨年夏にオープンした、コワーキングオフィスとサ...