SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 658
  • 登録相談数 84
  • 登録イベント数 447
  • ブログ投稿数 565
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > <アジア:オフィスに関するクイズ>

Go Asia Offices Japanの海外展開ブログ


<アジア:オフィスに関するクイズ>

ノウハウ
レンタルオフィス
シンガポール
ベトナム

2017年2月9日 13:15   180

OかXでお答え下さいね、、、、

1)アジアの都市で<サービスオフィス>を契約するには、現地法人でなければ契約出来ない?
2)シンガポールで賃貸オフィスを借りる時、契約期間中でも6ヶ月前の事前通知で途中解約出来る?
3)ベトナムのホーチミンで<バーチャルオフィス>を利用して会社設立登記が出来る?
さて、お分かりになりましたでしょうか?

答えは >>> 全て<X> です!

解説:
1)通常の不動産賃貸オフィスと違い、海外の<サービスオフィス>は簡単な”利用契約”で済みます。ですので、現地法人でなくとも、日本法人、あるいは個人でも契約は可能です。

2)シンガポールだけでなく、殆どのアジアの国では2~3年の定期借家契約(中途解約不可)です。日本は普通借家契約(2年)が殆どで事前通告(6ヶ月前)で期間中でも解約出来るのですが、この契約はアジア、世界でも珍しい契約です。

3)ベトナムでは、<バーチャルオフィス>を利用した会社設立法人登記は禁止されています。日本はこの点の規制がアジアでもかなり緩いです。
アジアでは、中国、韓国、タイ(一部可能)、カンボジア、インドネシアでも同様の規制があります。

如何でした? オフィス契約だけでも日本とは大きく違うことが多々あります。
3月10日のSWBS海外ビジネス相談会には、相談ブースも出しておりますので、アジアのオフィス探しに関するご質問等、お気軽にご相談いただければと思います。

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 180
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
タイ:バンコクオフィス事情
今回はタイ、バンコクからの投稿です。 今年2018年はバンコクのオフィス市場が転換点を迎える年...
画像
リース会計基準変更とオフィス賃貸について
2019年から適用になるIFRSリース会計基準変更とオフィス賃貸について: オフィスの賃料についても、現...
画像
<海外撤退企業から学ぶ>
海外撤退した日本企業が、<こうした取り組みをしておけばよかった>という中で意外に多いのが<フィ...
画像
お客様の声(Testimonials) – 3
今年もアジア各都市でオフィス探しの支援をさせて頂きました。お客様からの声の一部です。次は貴社の支...
画像
ベトナム:ホーチミンのオフィス事情
来年も経済成長で注目され、進出企業増加が見込まれている、ベトナム、ホーチミン。 新たに3箇所...
画像
香港&広州のオフィス事情
香港&広州のオフィス事情 今回初めて中国で三番目に人口が多い広州を訪問してきました。 広州市、...