SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 616
  • 登録相談数 74
  • 登録イベント数 369
  • ブログ投稿数 377
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

TENKAI (運営会社:INTLOOP株式会社)の海外展開ブログ


海外進出先として注目したい国「ベトナム」の魅力とは?

2017年2月27日 10:46   48

本記事は、日本企業のための海外展開支援サイト「TENKAI」が、企業の海外展開・進出に関わる重要ポイントや、ここだけの話をご紹介するコラムの中からおすすめの記事をご紹介します。

今回のキーワード:「ベトナム」「海外進出」 
皆様の海外進出の参考にしていただけたら幸いです。

※TENKAIのサービス内容・過去事例、過去のコラム等は以下のリンクよりご覧になれます。 
TENKAI:https://www.ten-kai.jp/
TENKAIコラム:https://www.ten-kai.jp/column/

■海外進出先として注目したい国「ベトナム」の魅力とは?

▽政府が日本語教育に注力している今こそ、ビジネス展開のチャンス!

2016年の秋から、ベトナムの一部の小学校で日本語を英語とともに、第一外国語として教える試みがスタートしました。小学校での日本語教育は、東南アジアでも初めてのことだそうです。

ベトナムは親日国であり、日本に来る留学生も増えています。日本のベトナムへの直接投資も増加傾向にあり、トップクラスの投資国であることから、経済界において、日本語が重要な言語のひとつとして注目されているのでしょう。

それを裏付けるように、ハノイ工科大学IT学部など、優秀な理系の学生が国や大学の支援のもとで日本語を習得し、日本企業への就職を目指しています。日本語ができる学生向けの新卒採用フェアが開催されるほど、日本企業もベトナムに注目しているのです。

ベトナムにとって、経済面で日本が魅力的であることは容易に想像できると思います。では、日本企業にとって、ベトナムは進出先としてどんな魅力があるのでしょうか?

▽経済が発展して豊かになると、品質のよい日本の商品が売れる!

ベトナムは人口が増えており、若い世代が多いのが特徴です。経済発展のまっただ中にあり、戦後の日本と同様、夢と希望を持って働ける、頑張れば報われる、非常にいい時代を迎えています。しかも、ベトナム人は勤勉な国民性で、日本企業にとっては労働力の供給源としても大変魅力的です。

…続きはこちら

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 48
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

著者


TENKAI (運営会社:INTLOOP株式会社)


最新の記事

【海外展開コンサルティング事例】香港|アジア最大級の食品総合見本市「Food Expo」に出展

【海外展開コンサルティング事例】香港|アジア最大級の食品・飲料総合見本市「RESTAURANT & BAR Hong Kong」に出展

【海外展開コンサルティング事例】アジア最大級の海産物見本市「Seafood expo」に出展

【海外展開コンサルティング事例】香港|日本の梅酒、日本酒、リキュールの輸出・販路拡大

【海外展開コンサルティング事例】現地パートナーと共同での富裕層向け販売チャネル確立(国内ゴルフシミュレーション機器メーカー)

【海外展開コンサルティング事例】中国・上海|「上海三越・年末の大感謝祭イベント」へ出展

会社乗っ取りのリスクも!? 現地法人設立の注意事項とは?

【海外展開コンサルティング事例】香港|香港初開催の「Taste of HongKong」へ出展

【海外展開コンサルティング事例】オランダ|ライデン市で開催されたイベント「Japan markt」に参加

【海外展開コンサルティング事例】香港|有名百貨店での定番商品化へ挑戦

【海外展開コンサルティング事例】香港|香港最大級のショッピングモールで「Sakura Festival」へ出展

外食産業に日本の製品を売り込むには?

【海外展開コンサルティング事例】香港|アジア最大級の食品総合見本市「Food expo」に出展

【海外展開コンサルティング事例】香港|弊社の現地ネットワークにより山本本家様の吟醸酒「かぐや姫」が業界紙に掲載

【海外展開コンサルティング事例】香港|Wine & Spirits2016 アジア最大級の酒類専門見本市に出展