SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 590
  • 登録相談数 65
  • 登録イベント数 310
  • ブログ投稿数 273
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

TENKAI (運営会社:INTLOOP株式会社)の海外展開ブログ


アジアへの輸出を成功させるために、海外事業担当者が気をつけておきたいこと

2017年3月26日 21:12   32

本記事は、日本企業のための海外展開支援サイト「TENKAI」が、企業の海外展開・進出に関わる重要ポイントや、ここだけの話をご紹介するコラムの中からおすすめの記事をご紹介します。

今回のキーワード:「アジア」「輸出」「コンサルティング」
皆様の海外進出の参考にしていただけたら幸いです。

※TENKAIのサービス内容・過去事例、過去のコラム等は以下のリンクよりご覧になれます。

TENKAI:https://www.ten-kai.jp/
TENKAIコラム:https://www.ten-kai.jp/column/

■アジアへの輸出を成功させるために、海外事業担当者が気をつけておきたいこと■

▽輸出成功への道のりは遠い。時間をかけて万全の準備を!

外国人観光客の増加で、さまざまな日本製品が外国人に売れています。お菓子などの食品、薬に化粧品、日用品や電化製品など、日本製への信頼、品質の高さが人気を支えているのはご存じのとおり。「爆買い」という言葉もすっかり定着しました。日本でこれだけ売れるのだから、「うちの商品を海外でも展開したい!」と考える企業の方も多いでしょう。しかし、市場に出しさえすれば売れるというわけではありません。いくら商品に魅力があっても、海外でものを売るためには、さまざまなハードルを超えなくてはならないのです。

まず、輸出するためには、日本での輸出のライセンスだけでなく、輸出先、つまり、輸入する国のライセンスや許認可の取得も必要です。国によって、また商品によってはこれらの審査が大変厳しく、手続きに1〜2年かかることもあります。なぜ、そんなに厳しく、また、時間がかかるのか。例えば、食品や肌に触れるものについては、自国民の健康を守るためというのも理由のひとつですが、国内企業の利益を守り、国内需要を伸ばすために厳しくしている面もあります。そのような事情から、単純に優れた商品だからといって、スムーズに許可が出るとは限らないのです。

また、現地で商標登録をしておくことも大切です。日本で売れている商品名や日本の地名が、中国などで勝手に商標登録され、本家本元の日本企業が使用できないという事態が起こっています。日本側が異議申し立てを行っても、却下されるケースが多く、解決までに時間を要しているのが実情です。

…続きはこちら

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 32
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

著者


TENKAI (運営会社:INTLOOP株式会社)


最新の記事

【海外展開コンサルティング事例】オランダ|ライデン市で開催されたイベント「Japan markt」に参加

【海外展開コンサルティング事例】香港|有名百貨店での定番商品化へ挑戦

【海外展開コンサルティング事例】香港|香港最大級のショッピングモールで「Sakura Festival」へ出展

外食産業に日本の製品を売り込むには?

【海外展開コンサルティング事例】香港|アジア最大級の食品総合見本市「Food expo」に出展

【海外展開コンサルティング事例】香港|弊社の現地ネットワークにより山本本家様の吟醸酒「かぐや姫」が業界紙に掲載

【海外展開コンサルティング事例】香港|Wine & Spirits2016 アジア最大級の酒類専門見本市に出展

海外の小売業に日本の商品を売り込むには?

【海外展開コンサルティング事例】香港|弊社の現地ネットワークによりビジネス誌「iMoney智富」に掲載

【海外展開コンサルティング事例】香港|高級スーパーにおける「沖縄のお菓子」のプロモーション

【海外展開コンサルティング事例】香港│香港最大の遊園地で開催されたイベント「All About Sake」に出展

食品の輸出に立ちはだかる3つの壁

食品や化粧品で海外進出するなら「許認可申請」に要注意!

インバウンドを成功させて、海外展開に結びつける!

拡大するアジアの化粧品市場に、日本の化粧品を売り込むには?