SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 520
  • 登録相談数 52
  • 登録イベント数 146
  • ブログ投稿数 123
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

TP&Pコンサルティング合同会社の海外展開ブログ


個人から購入した事業用設備の会計処理について

2017年4月10日 17:38   9

質問 居抜き物件を賃借したいのですが付随する中古の事業用設備の会計処理はどうしたらいいでしょうか?

回答
今回は、売り手(=個人)ですので物品の購入に際して統一発票を入手することができません。

このため、領収書(手書きのレシート等「收據」と呼ばれます)をもらってください。

買い手側(=貴社)の留意点としては、領収書に下記事項を明記するように依頼し証憑として保管されることをお勧めします。

詳細はこちらから

個人から購入した事業用設備の会計処理について

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 9
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。