SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 616
  • 登録相談数 74
  • 登録イベント数 380
  • ブログ投稿数 381
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

TP&Pコンサルティング合同会社の海外展開ブログ


台湾の営業税って何?

2017年4月10日 17:39   33

「営業税」とは?

台湾の営業税の正式名称は“付加価値型および非付加価値型営業税”と呼び、「付加価値型および非付加価値型営業税法」(以下「営業税法」とします)の規定に基づき課される付加価値税(VAT=Value Added Tax)となっています。

これは、日本でいう“消費税”に相当するもので、台湾のほか、ヨーロッパ諸国やアジア各国でも採用されている税制度です。通常、付加価値税は物品やサービスによってその税率が異なるわけですが、台湾では一部を除き一律5%の税率となっていますので5%の消費税のようなもの、という感覚で大丈夫かと思います。

詳細はこちらから

台湾の営業税って何?

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 33
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。