海外展開の事例や、ノウハウ、現地の最新情報など、明日からの海外ビジネスに役立つ情報盛り沢山です。

  • 登録企業数 732
  • 登録相談数 121
  • 登録イベント数 743
  • ブログ投稿数 1,314
SWBSトップ > 事例・ノウハウ・海外展開ブログ > ハラールフードビジネスのこれから 大手食品メーカーも注目する製造拠点としてのインドネシア

Gallant Venture Limitedの海外展開ブログ


ハラールフードビジネスのこれから 大手食品メーカーも注目する製造拠点としてのインドネシア

イベント情報(告知 / 報告)
販路開拓
工業団地
インドネシア

2017年4月24日 15:33   43

4月12日から14日まで、東京で第4回ハラールマーケットフェアを出展しました。おかげさまで、4月12日のハラールフードビジネスのこれから、大手食品メーカーも注目する製造拠点としてのインドネシアセミナーは満員御礼になりました。
インドネシアへの投資をお考え, またはハラル市場をターゲットでお考えのメーカー様に対して、これからで説明させていただきます。

本日をもって、世界の全人口は75億人がいます。
イスラム教徒は世界の人口の22%になり、それは約16おくにんがいます。

ムスリム消費者以外にもハラル商品は健康、安全、信頼できると認識されている上、イスラム教徒にとって、消費または使用する製品はハラルでなければなりません。 このもっとも急速に成長している消費者市場はハラル商品とサービスへのいよくを高めることになります。 したがって、市場最高値のハラル商品需要になりました。

世界のハラル市場は一年間あたり、2兆米ドルになり、ハラル食品は全市場の65%をしめています。それは日本と比べると、3倍になります。 今後5年で、ハラル市場は3兆米ドルに成長すると期待されています。 同じように、ハラル食品市場は1.9兆米ドルあり,これはきょだい市場と言えます。

皆様、ハラル商品に対する需要は大きなビジネスチャンスです!

それから本日、インドネシアと世界ハラル市場の入り口として、ビンタン工業団地をご紹介させていただきます。ここすえ年にわたって、メーカと相談し,えた認識として、ひとつのエリアにハラルをささえるインフラ、物流、ワン・ストップ・サービスーセンタなどを構築する必要性を呼び掛けて、ビンタンハラル区を建造することになりました。

【続きはこちら 】
↓ ↓ ↓
http://jp.bintanindustrial.com/#/

ビンタン工業団地、またビンタンのハラル区、食品加工区に関してご興味のある方は、下記の連絡先までお願い致します。

GALLANT VENTURE LTD
3 HarbourFront Place
#16-01 HarbourFront Tower Two
Singapore 099254
Tel (65) 6389 3215 (日本語可)
Fax (65) 6396 7758
www.gallantventure.com
industrialparks@gallantventure.com

▶︎ この記事を書いた企業についてもっと知りたい

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 43
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。

この企業はほかにこんな記事を書いています

画像
「インドネシアのバタムフリーゾーン投資セミナー(長野・大阪)」 開催のご案内
「インドネシアのバタムフリーゾーン投資セミナー」を共催いたします。 バタム(Batam)島は、インド...
画像
インドネシア進出企業向け,製造支点つくる
インドネシアは、ASEAN諸国の全人口の約4割、約2億5千万人の人口を擁し、経済規模はタイの約2倍、約8,90...
ロゴ
シンガポール外務大臣の訪問
4月25日、シンガポール外務大臣Vivian Balakrishnan様はバタム島への出張の際に、バタム島で最も多くの...