SWBSは(独)中小機構が運営する海外ビジネス総合情報サイトです。

  • 登録企業数 608
  • 登録相談数 67
  • 登録イベント数 338
  • ブログ投稿数 325
このウィンドウは当サイトを始めて訪問された方に表示しております
close

Go Asia Offices Japanの海外展開ブログ


「レンタルオフィス」と「サービスオフィス」の違いは?

2017年5月13日 16:55   27

「レンタルオフィス」と「サービスオフィス」の違いは何かご存知ですか?

レンタルオフィスもサービスオフィスもどちらもオフィスを貸し出すことに変わりはありません。
レンタルオフィス(日本で主流) = オフィス
サービスオフィス(海外で主流) = オフィス + サービス

日本で主流の「レンタルオフィス」はどちらかというとそのオフィススペースだけを貸し出すことがメインなのです。
これに対してアジアをはじめ世界中で主流のサービスオフィスとは、オフィススペースを貸し出す事だけでなくサービスも同時に提供しているのです。ですから「レンタルするだけのオフィス」ではなく「サービスが付いてくるオフィス」という事なのです。
(英語ではServiced Officeとなります。Rental Officeレンタルオフィスというのは日本だけで通じる和製英語です、またService Officeという間違った表記も日本でよく見かけます)

サービスオフィスは運営会社によりサービスレベルも異なりますが、アジアなどでは基本的に以下のようなサービスが含まれているのが通常です。
*24時間オフィスの利用(基本24/7です)
*オフィスの家具(机、イス、キャビネットなど)
*電話番号と電話機セット
*インターネット(ITスタッフ付き)
*ファックス番号
*コピー機利用(白黒・カラー)
*受付エリアと受付スタッフ
*郵便物配達、宅配手配
*カフェの利用
*オフィス清掃費用
*水道光熱費
*エアコンメンテナンス
*セキュリティー
*商業ビルへのマネジメント費用など

インターネットや電話の申し込みなどオフィスのセットアップは全く必要ありませんから、契約したその日からすぐに仕事を始める事ができます。
アジア全域主要都市での<サービスオフィス>情報のことは、お気軽にお問合せ下さい。

参考になったらいいねボタンをクリックしてください。 27
※ブログ記事の内容は各執筆者の知見、経験等によるものであり、当サイトが情報の正確性、最新性を担保するものではございません。